人工毛と人毛

ウィッグの素材には大きく分けて、人工毛と人毛があり、それぞれでも見た目や軽さに関係していきます。また人工毛と人毛をミックスしたようなウィッグもあります。

ブラシ人工毛はアクリルやポリエステル、ポリアミドなどの化学繊維を使っており、使っていても装着しているのを忘れるぐらい軽いです。耐久性にも優れており、カールしてもスタイリングしやすいです。さらには乾燥しやすいという点もあり、優れています。軽いウィッグを探しているなら、人工毛がおすすめです。ただ熱には弱く、変色や劣化もしやすく、ブラッシングすると静電気が発生しやすいので、工夫が必要です。

人毛は人工毛と比べると重いですが、見た目が自然であり、手触りも自然です。自分の髪の毛にも馴染みやすく、パーマなどをかけることもできます。化学繊維でないので、肌が弱い人にもおすすめです。その反面抜け毛しやすく、シャンプーなどのメンテナンスはこまめに行わないとなりません。洗った後は乾きやすいですが、乾燥しやすく、オイルなどを使ってコーティングすると良いです。ただ紫外線を受けると、どうしても変色し、1年程度で変色して劣化します。変色が酷いような場合は、染色して染めて色を戻さないとなりません。