見た目の軽さ

ウィッグを装着するならば、やはり軽い方が良く、その方が付け心地も良く、蒸れにくいです。自然にそして軽い見た目にするには、2つのポイントがあります。

ウィッグを自然に、そして軽く見せるには、見た目にポイントがあります。軽いウィッグはそれだけ見た目も自然になります。それは必要以上に毛量を多くしないということです。できるだけ少なく仕上げるのがよいです。年を取れば髪の毛は少なくなるので、年相応の量にすべきです。実際にウィッグを使う人の中には、年齢に合わせて、薄い状態を再現して使う方もいます。やはりロングよりもショートヘアの方が毛が少なく軽いです。

ドライヤーもう1つはベースとなる生地は自然に見えるようにできていることです。ベースが不自然に人工的に見えると、どうしても生地を隠すために毛量を多くしないとなりません。しかも毛が多いとシャンプーしても、乾かすのに苦労します。毛量が少ないと、見た目が自然になるばかりでなく、手入れも簡単になり、洗ってから乾かすにしても時間が早いです。毛量が多いと乾かすのに1時間近くかかるという場合もあり、とても大変です。軽いウィッグは、毛が少なく、そして少なくても自然に見えるようにできており、さらには手入れも簡単で衛生的に使えます